Top

Air Roof

日本の屋根をもっと軽く、強く、美しく。


シリーズ LINE UP

雨を透さない。風に動じない。

時間雨量200mmの横殴りの雨。
想像を超えた圧力をおしとどめる秘密はすべての瓦が完全なクローンであること。

均質は防御力。

防水性の秘密は、高い寸法精度。
屋根に葺いた時の密着性の高さが雨水を寄せ付けません。

防水性は、製品の均質性で決まります。
陶器瓦は製法上、まったく同質にはできないため、「口空き」と呼ばれる隙間が発生し、雨風の進入をゼロにはできません。
高精度のエアルーフシリーズは、瓦1枚1枚が密着することで、「口空き」を解消。
また、独自の防水堤構造で、わずかに進入した雨水も瓦裏までたどりつくことはありません。

エアルーフと一般陶器瓦の野地板面への漏水量試験

最大時間雨量200mm・最太風速60mの暴風雨を再現する実証試験場。
フジスレートの瓦は、すべてこの試験機で検証されます。

オートグラフによる引っ張り強度試験(社内試験)

エアルーフシリーズは、瓦本体はもちろん、施工技術も常に進化し続けます。
最新の施工技術の成果は試験機器で繰り返し検証され、「工アルーフの屋根」にフィードバックされています。
上記試験結果により、エアルーフは一般陶器瓦に比べて1.3倍以上の強度を確保していることが実証されました。
耐風・耐震性能を高めるために、特殊釘やクリップ、割れる可能性のある素材形状の防災フックを使うことなく、 対角2点止め工法が、ガッチリと軽い瓦に強い緊結力を確保することができます。
富士スレート株式会社
Top